<<苫小牧 児童発達支援>> 施設のご案内 | 発達障害 放課後等デイサービス施設【くれよん】 音羽

施設のご案内

HOME > 施設のご案内

くれよん音羽 施設目標

日常生活に必要な基本的動作を身につけ、自立を目指します。
社会のルールを遊びながら学べるよう、小さな集団での活動を行います。

就学前のお子さまの日常の動作や、就学に必要な集団でのルールを覚えるなどの取り組みを通じて、お子さま自身の可能性を広げ、自立心を育み、集団において自信をもった行動がとれるように療育してまいります。

グループ施設 基本方針

  • 健康・安全の確保に最大限の配慮を行い、個々に合わせた活動内容を設定し、施設内の環境調整や衛生管理に努めます。
  • 事件・事故防止のための情報収集や安全対策に努めます。
  • 子ども同士の集団がもたらす影響力を効果的に活用し、子どもが見通しをもち自信をもって行動できるように支援します。
  • 子どもを褒めて育てることを基本とし、子どもとの信頼関係を高めるよう支援者が共に活動し、相互の理解を深めます。
  • 個々の発達の状態に応じて、支援する内容を柔軟に変化させ、働きかけの効果を高め、施設内の安全を確保するため、子どもの行動の予測に努めます。また、集 中しやすい環境を整え、発達の適時性に合わせた活動を行います。
  • 施設からの情報発信を活発に行い、子どもの成長・発達についての共通理解を図れるよう、家庭との情報交換や相談を密に行います。

支援・療育内容

支援・療育内容

療育とは?

障害のあるお子さまが、社会的に自立できるように取り組む治療と教育のことです。生活への不自由をなくすよう専門的な教育支援プログラムに則り、言葉や身体機能など発達に遅れのみられるお子さまについてトレーニングをしていこうとするものであり、お子さまが生活しやすくなるように外部からサポートすることです。

当事業所では、生活習慣訓練や社会適応訓練など、それぞれの子どもにあった個別の訓練はもとより、集団適応訓練やABAの活用による対応訓練や、TEACCHなどを取り入れています。

  • ABA … 応用行動分析のこと
  • SST … ソーシャルスキルトレーニングのことで、社会生活技能訓練などとも呼ばれることがあり、前節の認知行動療法と社会学習理論を基盤にした支援方法の一つ。 社会の中で、相手から自分の望むような反応(望むような回答・理解など)を得るためには、一定の認知や行動(言動)のスキルが必要である。
  • TEACCH… 米ノースカロライナ州で1972年以来行われているASD(自閉症スペクトラム障害)の当事者とその家族を対象とした生涯支援プログラムです。

施設概要

対象地域 苫小牧市内
対象年齢 18歳未満(未就学児可)
ご利用時間
児童発達支援
月曜~金曜:9:00~17:00 土曜:9:00~13:00
放課後等デイサービス
学校終業~17:00 土曜:9:00~13:00
保育所等訪問
月曜~金曜:時間は訪問先により異なります。
休業日 日曜・祝日・8月13日・14日・15日・12月29日~1月4日
定員 1日10名
送迎 苫小牧市内全域(送迎費は総費用に含まれます)

利用料金

■受給者証をお持ちの方はサービス利用料金の1割が保護者負担となります。なお、世帯収入に応じて月額利用料金に上限が設定されています。(おやつ代/1回50円)

上限金額について 

施設所在地・アクセスMAP

所在地 北海道苫小牧市音羽町2丁目18-1 レジデンス石田103
電話番号 0144-82-9406
FAX番号 0144-82-9407
[map address=”苫小牧市音羽町2丁目18-1″ width=”100%” height=”450px” api=”AIzaSyB3C2vC6sNew2obkbb95yLskD4XUJy_HvI” theme=”” class=” dp-map-centered” zoom=”15″ draggable=”true” controls=”true”]

くれよん音羽の年間行事

  • 地域交流行事
  • こどもの日
  • 防災訓練
  • 作品出展会
  • お誕生日会
  • ふるさと農園へ種まき
  • 遠足

  • 七夕会
  • 樽前神社お祭り見学
  • 親子クッキング

  • 防災訓練
  • 芋ほり大会
  • ハロイウィンパーティー
  • 集団療育発表会

  • クリスマスパーティー
  • 節分
  • ひな祭り